ホームシラサギとはCMSの特徴

シラサギとは

CMSの特徴

管理画面基本機能

管理画面のメインメニューは少数で構成されており直感的に分かりやすくなっています。

管理画面
マルチデバイス、多言語対応となっています。

コンテンツ

サイトトップ画面。使用頻度の高い「フォルダ」へのショートカットを登録します。

フォルダ

サイトを「フォルダ」による階層構造で管理します。

固定ページ

現在開いている「フォルダ」にある固定ページを一覧表示します。

レイアウト

ページ全体のレイアウトをHTMLで作成し、管理します。

パーツ

レイアウトに配置するコンテンツを「パーツ」という部品で管理します。

フォルダ属性

フォルダはフォルダ属性を設定することにより、設定された属性に応じたページが自動で生成されます。

下記のようなフォルダ属性があります。

  • 記事
    • 記事リスト
      フォルダ内の記事ページ一覧を表示します。
  • カテゴリー
    • カテゴリーリスト
      フォルダ属性「カテゴリー」を設定したフォルダ一覧を表示します。
    • ページリスト
      カテゴリーが設定されているページ一覧を表示します。
  • 標準機能
    • フォルダリスト
      フォルダ内のフォルダ一覧を表示します。
    • ページリスト
      フォルダ内のページ一覧を表示します。
  • イベント
    • イベントリスト
      イベントの一覧をカレンダー形式で表示します。
  • アップローダー
    • アップローダー
      ファイルをアップロードするためのフォルダです。

カテゴリー / カテゴリーリストの場合

管理画面

フォルダにフォルダ属性「カテゴリー」を設定

公開画面

フォルダ内のフォルダ属性「カテゴリー」を設定したフォルダ一覧を表示します。

カテゴリー / カテゴリーリストの場合

管理画面

ページ作成時にカテゴリーを設定

公開画面

カテゴリーが設定されているページ一覧を表示します。

構造図

レイアウトはページ全体のレイアウトをHTMLで作成し、管理します。フォルダ、ページ単位で設定ができます。上位のフォルダにレイアウトを設定している場合は、ページ作成時に自動で同じレイアウトが設定されます。レイアウトに配置するコンテンツをパーツという部品で管理します。複数のレイアウトで共用することで管理が非常に楽になります。本文欄はページ作成時に入力した内容が表示されます。フォルダトップページ(index.html)はフォルダ作成時に設定したフォルダ属性に応じた内容が表示されます。

初期データ

初期データは自治体向けサンプルサイトが反映されています。
導入される自治体様に応じたカテゴリーやフォルダ等の設定を行うことで、そのまま利用できます。

モバイル対応

スマートフォン向けには、レスポンシブデザインで対応しています。
フィーチャーフォン向けには、自動でHTMLの内容を成形しています。

HTML5

HTML5でマークアップしています。

スタイルシート

SCSS、Compassの自動変換機能を利用できるため、サイト制作の工数を削減することができます。

テンプレート

インストール時にテンプレートを切り替えられます。
今後、大学向けや子育てサイト向け等、用途の明確なテンプレートの提供を予定しています。

中・大規模サイト向け

NoSQLであるMongoDBを採用し、高速化を実現しています。

公開されているフォルダ・ページには、リレーションによる関連付けはなく、それぞれがファイル名(URL)を保持しています。

そのため、MongoDBの強みである前文一致検索のパフォーマンスを最大限に引き出せます。そのため、任意のフォルダ内の検索も非常に高速かつ効率的に行えます。

Ajaxレイアウト

即時反映と低負荷を実現します。ページは、検索クローラーを想定して静的HTMLファイルを書き出します。レイアウト、記事リストなどのパーツは、動的表示となります。

マルチテナント対応

同一データベース同一スキーマ方式を採用しています。これにより管理者の運用コストを軽減できます。

このページの先頭へ